2017年5月7日日曜日

SoulTouchで息子のステータス更新をするよ

Facebookで長男の様子はいつも見ているが、内面的なことを知る手立てとして「大人の塗りえ」を利用している。

帰省など折に触れて長男の状態や成長をお互いに知るすべとなっている。
Soul Touch Coloring Journal」はスピリチュアルよりのものでアメリカのデボラ・コフチェイピンさんが始めたタッチドローイングを本にしたものに色を付けていく。
日本では仙台在住の倉田順子さんがワークショップなどを開催しておりワシと息子でそれに参加したのがきっかけになっている。

色は肌だから肌色とか決まりはなく、目についた色鉛筆をとって好きな所に塗り、色々書き足したりするのもオーケーだ。

息子は今まで3枚塗っている。
1枚目は、色々とあった時期でメンタル的にもしんどかった時期に勧めてみた。
その塗り絵は未だに手に触れただけでも嫌なエネルギーを感じるため我が家では禁書庫に保管されている。
今見ても気持ち悪いのでモザイクを入れてあります。
2016年1月くらいの作品。


2枚目は2017年1月1日就職して一年目色々と新たな経験もして、彼の中で芽生えてきているものもある感じ。


これが最新版 2017/05/05 早朝にワシがクリスタルボウルを演奏しながら長男が塗り絵。
仕事をかなり楽しんでいるのは聞いていたけどスッキリしてきた感がある。




ここでは細かく書かないが、塗り絵をした後に色々話をする。
ワシ自身もそうだけどSoulTouch塗り絵することで心のデフラグが行われると感じている。
心には意識しなくても感情というエネルギーが湧き出てくる、それは出してあげないと爆発したり腐ってきたりする場合がある。
爆発を使ってクリエイティビティを高めると言うのも有るが、心に引っかかりをもってしまったり腐ってネガティブループに入る事がある。
その為に感情を外に出す手段として良いものだと思う。

入手方法や今までワシが塗ってきた印象などはコチラを参考にしてもらえばと思う。

次、息子が帰省した時、どんな絵を描き出すか父は楽しみだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿